阪神

  • 印刷
インドの太鼓「タブラ」の音色に合わせて踊る子どもら=西宮市神楽町
拡大
インドの太鼓「タブラ」の音色に合わせて踊る子どもら=西宮市神楽町

 楽器演奏を通じて日本とインドの交流を深める「みんなげんきインド音楽コンサート」が18日、兵庫県西宮市神楽町の幼児教育教室「みんなげんきジム」であった。子どもからお年寄りまで約60人が参加。インドの太鼓「タブラ」や横笛「バンスリ」の軽快な音色に合わせ、手を打ったり、踊ったりして楽しんだ。

 2017年は、両国首脳が合意した「日印友好交流年」に当たることから、文化活動や教育現場での交流を進める「NPO法人インド日本友の会」が企画した。

 プロのタブラ奏者リンガラージ・ダスさんらの演奏に続き、ジャズピアニストの竹中真さんとのセッション。ほかにもさまざまな楽器が加わり、おとなしく聴いていた子どもらも、最後は楽しそうに体を動かしていた。

 長男(3)、三女(1)と参加した女性(39)=西宮市=は「(タブラの演奏は)指使いがすごかった。言葉がなくても、音楽と踊りで交流できると思った」と話していた。

 19日午後6時半から、神戸市灘区の横尾忠則現代美術館でもコンサートがある。無料。同館TEL078・855・5607

(岡西篤志)

阪神の最新
もっと見る

天気(11月23日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 70%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ