阪神

  • 印刷

 16日午前8時すぎ、兵庫県猪名川町猪渕の上大畠橋付近で、近くに住む女性から「クマが川を歩いている」と猪名川町役場に連絡があった。川西署によると、現場は宝塚市切畑から猪名川町へ流れる猪渕川。東方向に歩いていたという。

 町役場によると、女性は5~10メートルの距離で目撃したといい、大きさは約1メートル。集落まで約1キロの山中で、同署は近隣をパトロールし、町役場が住民に注意を呼び掛けている。

 また、同町は11日午前1時ごろにも、クマの目撃情報が役場に入っていたことを明らかにした。同町旭ケ丘のすいせん公園近くの住宅街で、「幅30センチの側溝の中でクマがイノシシの尻にかみついていた」と住民から連絡があったという。同日約8キロ離れた場所でも見つかっており、町産業観光課の担当者は「目撃場所が8キロ離れており、住民の通報では大きさも違う。別の個体かもしれない」と話した。

 6日22日以降、阪神北部でクマの目撃情報が相次いでいる。

阪神の最新
もっと見る

天気(9月25日)

  • 27℃
  • 20℃
  • 10%

  • 27℃
  • 15℃
  • 10%

  • 30℃
  • 19℃
  • 0%

  • 30℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ