阪神

  • 印刷
毎朝顔を出す「ちょびひげ」と長田夏季さん。左上は新発売の持ち帰り用ティラミス=猪名川町万善
拡大
毎朝顔を出す「ちょびひげ」と長田夏季さん。左上は新発売の持ち帰り用ティラミス=猪名川町万善

 毎日店にやってくる野良猫が愛らしいと、客の間で評判となっている兵庫県猪名川町万善のカフェ「manna(マンナ)」が、この野良猫「ちょびひげ」を店のアイドルに見立て、瓶入りの特製スイーツ「ちょびのハナ唄ティラミス」をつくった。23日から売り出す。

 雌の野良猫で、2年前の秋から見掛けるようになった。店長の長田夏季さん(34)は、出会いをこんなふうに話す。

 「店のミルクを与えたところ徐々に慣れ、私を近くの畑に案内して4匹の子猫に引き合わせたり、子猫が1匹2匹と姿を消すと、心配そうなそぶりで『一緒に探してくれ』と訴えたり…」

 鼻の下に黒い文様があり、口ひげのように見えることから、客の1人が「ちょびひげ」と名付けた。毎朝、長田さんと、同店オーナーで母親の眞由美さんの出勤を待って、「鼻歌を歌っているような」軽快な足取りで周囲の里山から現れるという。

 その後も3匹の子を産み、客に引き取られた。ふびんに思った客と長田さんは、不妊手術を受けさせようと、ちょびひげのイラストを描いたコーヒーカップをつくり販売。売り上げを資金に、昨年の春、無事手術を施した。

 「黒白の猫は縁起がいいから大切にしなさい」

 「ちょびひげに会えた日に娘の就職がかなった」

 「幸運を運ぶラッキー猫では」などと話す客が多く、長田さんも招き猫ならぬ、店の“看板娘”と認定した。

 新発売するスイーツの瓶には2種類のイラストを印刷したシールを張っている。702円(税込み)。カフェ「manna(マンナ)」TEL072・768・0220

(三津山朋彦)

阪神の最新
もっと見る

天気(11月23日)

  • 15℃
  • 10℃
  • 50%

  • 12℃
  • 6℃
  • 50%

  • 14℃
  • 9℃
  • 80%

  • 13℃
  • 9℃
  • 60%

お知らせ