阪神

  • 印刷
週休3日制度を導入した「ローズガーデン甲子園」の職員ら=西宮市甲子園九番町
拡大
週休3日制度を導入した「ローズガーデン甲子園」の職員ら=西宮市甲子園九番町

 兵庫県西宮市甲子園九番町の特別養護老人ホーム「ローズガーデン甲子園」が今年3月から、週休3日制を導入している。離職率が高く、深刻な人手不足に陥っている介護現場。働きやすい環境づくりをアピールすることで人材確保を狙う。

 同ホームは昨年4月にオープン。特養75床とケアハウス20床などを備え、非常勤も含め計45人の職員が働く。

 これまでの勤務態勢は早出、遅出、夜勤の3交代制。しかし、オープン当初から職員の確保が難航した。同業他社への転職もあり、辻村広志施設長(44)は「人手不足が常に悩みの種だった」と明かす。

 そこで打ち出したのが週休3日制。1日の勤務時間を延長することで、1週間の労働時間数を維持したまま、給与を下げずに週に3日間の休みを確保した。

 フロア長の井上浩二さん(39)は「労働時間の延長はわずかなので、負担は少ない。むしろ時間に追われず、余裕を持って仕事に臨めるようになり、残業も減った」と歓迎する。さらには「休日が増えたことで、健康管理や家族との時間が取れるようになった。職場の愚痴も減り、明るくなった」という。

 制度開始以来、職員は計10人増となり、75%程度だった施設のベッド稼働率は今秋にも満床になる見通しだ。

 介護職員の人員不足は全国的な問題となっており、厚生労働省の推計では、8年後の2025年には全国で約37万7千人、兵庫県でも約2万3千人が不足するとされる。

 運営する社会福祉法人豊中福祉会(大阪府泉大津市)によると、週休3日により、人件費は約2%増加。しかし、八木勲専務理事(36)は「職員が定着してくれることで、求人広告を出す回数も減り、結果的にはコスト減につながるはず。働きやすい環境づくりをしていくことで、多くの人に介護業界で働いてもらいたい」と話している。(前川茂之)

阪神の最新
もっと見る

天気(2月23日)

  • 10℃
  • 3℃
  • 10%

  • 11℃
  • -2℃
  • 40%

  • 11℃
  • 3℃
  • 10%

  • 13℃
  • 1℃
  • 10%

お知らせ