阪神

  • 印刷
倒木で通行止めになった通路=尼崎市東塚口町2(撮影・小谷千穂)
拡大
倒木で通行止めになった通路=尼崎市東塚口町2(撮影・小谷千穂)
台風21号の影響でダイヤが乱れたJR宝塚線=JR伊丹駅(撮影・三津山朋彦)
拡大
台風21号の影響でダイヤが乱れたJR宝塚線=JR伊丹駅(撮影・三津山朋彦)

 22日から23日にかけて接近した非常に強い台風21号は、兵庫県の阪神6市1町にも大きな被害をもたらした。神戸新聞社のまとめでは、強風にあおられ転倒し、骨折するなどしたけが人は計24人。晴れ間が戻った23日正午時点も約1万1千軒で停電が続いたほか、交通機関も乱れ、月曜の朝は混乱した。

 神戸地方気象台によると、台風21号が兵庫県南部に最接近したのは23日午前1時ごろといい、22日午後9時から23日午前5時まで暴風域に入った。西宮市では23日午前1時50分までの24時間雨量が138・5ミリに上り、同市では10月の観測史上最大を記録した。

 西宮と芦屋、川西市では22日夕、「避難準備・高齢者等避難開始」を発令。他市町でも避難所が開設され、23日朝までに6市1町の避難所には、最大で30世帯53人が身を寄せたという。

 風雨の影響でけが人が相次ぎ、尼崎市では60代の女性が傘を差して歩行中に転倒し、股関節などを骨折。宝塚市でも92歳の女性が側溝に落ち、左上腕を骨折の疑いで救急搬送された。

 芦屋市では、ミニバイクで交通規制に向かっていた芦屋署員が、台風のため垂れ下がっていた電線に引っかかり、バイクごと転倒。猪名川町では、関西電力の男性社員が風で横転したワゴン車に左脚を挟まれ、重傷を負ったという。

 また関西電力によると23日正午までに、尼崎市880軒▽西宮市1660軒▽芦屋市2410軒▽伊丹市520軒▽宝塚市3770軒▽川西市1890軒▽猪名川町6510軒-で停電が発生したという。

 各地で倒木や塀の倒壊などがみられたほか、川西市の能勢電鉄笹部-光風台間でも線路上に直径約40センチ、長さ約15メートルの倒木が見つかり、23日の始発から運転見合わせなどの影響がでた。(中島摩子、前川茂之)

阪神の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 12℃
  • 7℃
  • 30%

  • 8℃
  • 4℃
  • 80%

  • 12℃
  • 7℃
  • 10%

  • 10℃
  • 6℃
  • 30%

お知らせ