阪神

  • 印刷
模擬運転体験を楽しむ子ども=阪神電車尼崎車庫
拡大
模擬運転体験を楽しむ子ども=阪神電車尼崎車庫

 「鉄道の日 はんしんまつり2017」が3日、兵庫県尼崎市北城内の阪神電車尼崎車庫で開かれた。県内外から約7千人の鉄道ファンや子どもたちが訪れ、憧れの車両に触れたり、写真を撮ったりして楽しんだ。

 鉄道の日は10月14日だが、電鉄各社が日をずらして同様のイベントを開催する。会場には車両扉の開閉や駅長服での記念撮影など、20カ所以上の体験コーナーと関連商品を販売するテントが設けられた。

 子どもたちは親の手を引いて大はしゃぎ。電車と綱引きをする企画もあり、レールに乗る重量28トンの電車2両と子ども約20人が対決。係員から「大人のゾウ10頭分の重さと同じくらい」と説明があった後、「せーのっ」と声を合わせて車両を約10メートル引っ張った。

 将来の夢は阪神電車の運転士という神戸市立東灘のぞみ幼稚園の男児(5)は「電車の洗車体験がわしゃわしゃしていて一番楽しかった」と笑顔だった。(竜門和諒)

阪神の最新
もっと見る

天気(11月20日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 70%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ