阪神

  • 印刷
災害時相互応援協定を結び、握手を交わす芦屋市の山中健市長(右)と福岡県大野城市の井本宗司市長=芦屋市役所
災害時相互応援協定を結び、握手を交わす芦屋市の山中健市長(右)と福岡県大野城市の井本宗司市長=芦屋市役所

 兵庫県芦屋市は14日、災害時の物資提供や職員派遣などで協力し合うことを定めた「災害時相互応援協定」を福岡県大野城市と結んだ。10万人前後の人口規模や、神戸、福岡市といった大規模都市に隣接する住宅地といった共通点などから協定に至った。

 大野城市は福岡市の南に位置し、古くから博多と太宰府を結ぶ交通の要所として栄えた。市名は「白村江の戦い」の2年後の665(天智4)年に太宰府防衛のために築かれた「大野城跡」に由来する。

阪神の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 12℃
  • 7℃
  • 30%

  • 8℃
  • 4℃
  • 80%

  • 12℃
  • 7℃
  • 10%

  • 10℃
  • 6℃
  • 30%

お知らせ