阪神

  • 印刷
小さな成長、何よりの楽しみ
拡大
小さな成長、何よりの楽しみ

 児童養護施設「尼崎市尼崎学園」(神戸市北区)。副園長の鈴木まやは、20年以上、卒園生を見送ってきた。

 働いたり、家庭を持ったりし、社会の中で生きられている子たちがいる。その姿や便りにほっとする。同時に頭に浮かぶことがある。卒園せずに尼学を離れ、連絡が取れなくなった子たちだ。

 家庭環境が十分に整わないまま、家に帰った子。よその施設に移った子。最終判断は児童相談所が行うが、懸念が消えない。「本当に帰してよかったのか」「施設としてもっとできたことがあるのではないか」「今は、どうしているのか」

 近隣で起きた事件や事故、自殺のニュースを聞く度、心がざわつく。被害者、加害者、当事者。「知ってる子ではないか」。実際、何度も悲しい思いをした。ただ、その死を知らせてくれる友人がいる。その時だけ、思える。「孤独死じゃなかった。ちゃんと人とつながって、人の中で生きていた」

 怖さをいつも感じている。子どもが抱えるしんどさに何もできない無力感も。逃げたいと思ったことは「何度も何度も何度も」あった。でも、続けてきた。

 2年前は朝ご飯を食べられず、遅刻ばかりしていた子が、嫌いなものを食べられるようになった。泣くことしかできなかった子が、言葉で感情を表現できるようになった。ふとした時に気付く、小さな成長。それが再び足を踏み出す力になっている。

 鈴木が言う。この子たちは、選んでここに来たのではない。自分と違い、どんなにしんどくても、やめることはできない。厳しい環境の中を生き抜いてきて、今も生きようとしている。それだけで尊いのだと伝えたい。

 「だから、私がこの世界をやめることはないです」(敬称略)

(記事・岡西篤志、土井秀人、小谷千穂、写真・三津山朋彦)

阪神の最新
もっと見る

天気(6月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ