阪神

  • 印刷
小児がん患者のための募金活動をする宝塚音楽学校の生徒たち=宝塚市栄町1
拡大
小児がん患者のための募金活動をする宝塚音楽学校の生徒たち=宝塚市栄町1
寄付をしたファンに笑いかける、松岡恵さん(右から3番目)ら宝塚音楽学校の生徒=宝塚市栄町1
拡大
寄付をしたファンに笑いかける、松岡恵さん(右から3番目)ら宝塚音楽学校の生徒=宝塚市栄町1

 未来のタカラジェンヌを目指す宝塚音楽学校の生徒らが27日、兵庫県宝塚市の宝塚大劇場前で小児がん患者を支援する募金活動を行った。本科の105期生と予科の106期生の計80人が参加。募金箱を手に、はかま姿でファンに呼び掛けた。

 同校は、子どもを支援する活動を「すみれ募金」と名付け、1964年から毎年行っている。今年は、小児がん専門治療施設を運営する「チャイルド・ケモ・サポート基金」に送る。

 華やかな衣装で登場した生徒らは1時間半ほど活動。寄付した人にはスミレの種などを手渡した。宝塚市のバレエ教室に通う女子生徒(12)=大阪府四條畷市=は「昨年入学した教室の先輩が人のために活躍しているのが格好良かった。私もいつかこの場に立ちたい」と目を輝かせた。

 同校によると、例年より多くのファンが足を運び、寄付総額は約144万円に上った。元プロテニス選手松岡修造さんの長女恵さんが105期生にいることも影響したという。同じく105期生で神戸市東灘区出身の霜下沙麗さんは「微力ながらお役に立ちたいとの思いで心を込めて呼び掛けた」と話していた。(小谷千穂)

阪神の最新
もっと見る

天気(6月19日)

  • 24℃
  • 21℃
  • 70%

  • 28℃
  • 20℃
  • 70%

  • 25℃
  • 21℃
  • 70%

  • 26℃
  • 20℃
  • 60%

お知らせ