阪神

  • 印刷
動画一覧へ
シュノービクスをする花房万利子さん=尼崎市大島
拡大
シュノービクスをする花房万利子さん=尼崎市大島

 「シュノービクス」を知っていますか? シュノーケルを着けて水中で全身を動かす新スポーツの普及を目指し、兵庫県宝塚市のインストラクター花房万利子さん(65)が7月22日に尼崎市で体験会を開く。札幌市で昨年「誕生」したシュノービクスは、水中でエアロビクスのような動きをし、「全身の解放感を味わえる。お年寄りや泳げない人にもおすすめ」とPRする。(中島摩子)

 花房さんはもともと、プールでシュノーケルと水中眼鏡、足ひれを付けて泳ぐ「シュノーミング」に取り組んできた。NPO法人シュノーミング協会(札幌市)のメンバーで、2007年から阪神間で講習会を開いてきた。現在は尼崎市大島の「マックスポーツ武庫川」で週1回、シュノーミングやシュノービクスを教えている。

 シュノーミングから派生したシュノービクスは、シュノーケルと水中眼鏡を着けて潜り、泳いだり水中で移動したりせず、その場で手足などを動かす。年配の人や水泳が得意でない人も参加しやすく、体験した70歳代の女性からは「泳げないけど楽しかった」「水中で汗をかく感覚が気持ち良い」などの感想が寄せられているという。

 シュノービクスが体験できるのは、札幌市と兵庫県のみ。花房さんは「シュノーケルで楽に呼吸をしながら、体を浮かせ、非日常を楽しめる。水の抵抗がある分、多くのカロリー消費が期待できます」と話す。

 体験会は7月22日午後2時から、マックスポーツ武庫川で。参加費1080円。定員20人。花房さんTEL080・3133・7778

阪神の最新
もっと見る

天気(3月20日)

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 22℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ