阪神

  • 印刷
豚、イカ、エビの3種類の具材が入った「お好み焼き・鉄板焼き 朋」の「オオサンショウウオさん焼き」=宝塚市湯本町
拡大
豚、イカ、エビの3種類の具材が入った「お好み焼き・鉄板焼き 朋」の「オオサンショウウオさん焼き」=宝塚市湯本町
登場人物の情報端末「オオサンショウウオさん」をイメージしたお好み焼き=宝塚市湯本町
拡大
登場人物の情報端末「オオサンショウウオさん」をイメージしたお好み焼き=宝塚市湯本町
「中国料理 天津」の「銀河ラーメン」。ゴマの散らし方にもこだわった=宝塚市梅野町
拡大
「中国料理 天津」の「銀河ラーメン」。ゴマの散らし方にもこだわった=宝塚市梅野町
戦闘機からロボットに変型する「可変戦闘機バルキリー」の大型模型。隣には鉄腕アトムも=手塚治虫記念館
拡大
戦闘機からロボットに変型する「可変戦闘機バルキリー」の大型模型。隣には鉄腕アトムも=手塚治虫記念館
たからづか牛乳宝塚南口店の「ワルキューレソフトクリーム」(580円)。登場人物のイメージカラーのソースをかけた=宝塚市南口
拡大
たからづか牛乳宝塚南口店の「ワルキューレソフトクリーム」(580円)。登場人物のイメージカラーのソースをかけた=宝塚市南口

 人気SFアニメ「マクロス」の世界を紹介する企画展「MACROSS THE ART(マクロス・ジ・アート)1982-2018」が29日、兵庫県宝塚市立手塚治虫記念館(武庫川町)で始まるのに合わせ、同館周辺の飲食店8店に特別メニューが登場する。「グルメマクロス」と銘打った企画(10月29日まで)で、作品をイメージしたどんぶりやお好み焼き、スイーツなどが楽しめる。(中島摩子)

 湯本町の「お好み焼き・鉄板焼き 朋」では「オオサンショウウオさん焼き」(1300円)を用意する。アニメ「マクロスF」のヒロインが使う情報端末「オオサンショウウオさん」をイメージ。表面の緑色はホウレンソウのピューレとマヨネーズを混ぜ、舌や目はハムやソーセージを使った。オーナーの竹内裕子さん(60)は「楽しみながら試行錯誤した結果、かわいいお好み焼きができた」。

 梅野町の「中国料理 天津」では、2013年のグルメマクロスで人気だった「銀河ラーメン」(1080円)が再登場。作品に出てくる中華料理店の特製ラーメンを忠実に「再現」した。店主の森谷英仁さん(58)は「前回は全国各地や中国、台湾からお客さんがきて、期間中に約1500食を提供した。ラーメンの前ではみんな、少年少女になっていた」とほほ笑む。

 8店舗ではそれぞれ特製コースターのプレゼントもある(数量限定)。企画展「マクロス・ジ・アート」では初出展の原画や動画、大型模型(高さ約2メートル)など約350点を展示する。同館TEL0797・81・2970

阪神の最新
もっと見る

天気(7月21日)

  • 34℃
  • 28℃
  • 10%

  • 37℃
  • 25℃
  • 10%

  • 36℃
  • 28℃
  • 10%

  • 38℃
  • 27℃
  • 20%

お知らせ