阪神

  • 印刷
写真を手に、アフガニスタンでの支援活動を語る西垣敬子さん。「今、アフガニスタンには行きたくても、行けない」=宝塚市役所
写真を手に、アフガニスタンでの支援活動を語る西垣敬子さん。「今、アフガニスタンには行きたくても、行けない」=宝塚市役所

 「宝塚・アフガニスタン友好協会」を1994年に設立し、戦乱が続くアフガニスタンの女性や子どもの支援に尽力してきた西垣敬子さん(82)=兵庫県宝塚市=が13日から、阪急宝塚南口駅すぐの同市立国際・文化センターで写真展を開く。西垣さんは昨年秋、アフガニスタンの隣国イランの大学で語学を学んだ。期間中、「82歳 イラン語学留学報告」と題した報告も行う。16日まで。(中島摩子)

 西垣さんが初めてアフガニスタンを訪れたのは94年11月。赤ちゃんに粉ミルクを届けたいと、内戦下の国内避難民キャンプを1人で訪れた。すでに多くの幼い命が失われ、自由な外出が認められない女性は、テント内で過酷な生活を強いられる「影の存在」だった。女性と子どもを支えようと決め、一昨年までに40回以上、現地入りした。

阪神の最新
もっと見る

天気(7月23日)

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ