阪神

  • 印刷
スタンドに駆け付ける塩瀬中学校吹奏楽部の部員ら=西宮市名塩木之元
拡大
スタンドに駆け付ける塩瀬中学校吹奏楽部の部員ら=西宮市名塩木之元
部員への思いを語る佐々木澄江さん=西宮市内の報徳野球部寮
拡大
部員への思いを語る佐々木澄江さん=西宮市内の報徳野球部寮
「部員には意外と甘いパンが人気」と話す小西浩司さんと恵子さん夫婦=西宮市段上町2
拡大
「部員には意外と甘いパンが人気」と話す小西浩司さんと恵子さん夫婦=西宮市段上町2

 第100回全国高校野球選手権記念大会第7日(11日)に初戦を迎える東兵庫代表の報徳(兵庫県西宮市)。グラウンドでは見せない選手の素顔を知る人たちや、当日、甲子園球場に駆け付ける吹奏楽部の中学生もエールを送る。(名倉あかり)

【野球部の寮母佐々木澄江さん】部員は孫みたいなもの

 寮で暮らしている野球部員は32人。「まだ10代の子どもだから」と、季節行事を大切にし、正月には鏡餅、端午の節句には小さなこいのぼりを玄関に飾る。「お風呂にショウブ湯を用意した時は『勝負の湯ですか?』と聞かれ、面白かった」とほほ笑む。

 「部員はみんな孫みたいなもの。甲子園に連れて行ってくれてありがとう。1回でも多く勝ってほしい」とチームの躍進を願った。

【近くでパン店経営小西浩司さん恵子さん】活躍する姿楽しみ

 学校近くにある「パン工房 オリーブの実」。小西さん夫婦は店を閉めて初戦の応援に駆け付ける。「朝練の後、野球部が来ると、まるで台風のよう。『そのピザ、俺が買う』とかにぎやかで、来ない日は寂しい」と浩司さん。

 恵子さんは、東兵庫大会から、1試合ごとに激励の言葉を書いた折り紙で鶴を作って勝利を願ってきた。「みんなの活躍する姿が楽しみ」と祈るように手を合わせた。

【塩瀬中学校吹奏楽部】スタンドで初の応援演奏

 顧問の高木毅教諭(46)は、高校時代もスタンドで野球部を応援していたという報徳OB。今回は報徳の依頼で、初めて応援演奏を行う。初戦を盛り上げようと、毎日、約100人の部員が練習に励んでいる。

 「甲子園で吹けるなんて夢のよう」とトロンボーンを担当する部長の3年刀祢莉緒さん(15)。「球場の雰囲気を楽しみながら、精いっぱい演奏して応援したい」と意気込む。

阪神の最新
もっと見る

天気(10月19日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ