阪神

  • 印刷
地元企業と共同して紅茶を開発した神戸女学院大の学生たち=西宮市岡田山
地元企業と共同して紅茶を開発した神戸女学院大の学生たち=西宮市岡田山

 香りが高く、ほんのりと甘い鹿児島県産「べにふうき」を使ったオリジナルの和紅茶2種類を、神戸女学院大(西宮市)の学生と同市の発酵食品販売会社が共同で開発した。学生たちは「紅茶は健康や美容にいい。渋みが少なく、ぜひ飲んでもらいたい」とPRする。和紅茶は同市内のカフェで販売されている。

 同大人間科学部環境・バイオサイエンス学科の高岡素子教授(54)のゼミ生12人と、同市の発酵食品販売会社「米寿」が共同で、ストレートティーとフレーバーティーの2種類を作った。

阪神の最新
もっと見る

天気(5月24日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ