阪神

  • 印刷
高齢者施設で開いたボランティア演奏会で、歌声を響かせる「海」のメンバー=西宮市段上町
拡大
高齢者施設で開いたボランティア演奏会で、歌声を響かせる「海」のメンバー=西宮市段上町

 高齢者施設のお年寄りに生演奏を楽しんでもらおうと、「音楽ボランティア支援センター」(兵庫県西宮市甲子園口2)が2012年春から開いているボランティア演奏会が、今月初旬で1100回に達した。美しい音色や歌声に触れたお年寄りからは「命の洗濯になった」などの感想が寄せられる。同センターは「これからも音楽の楽しさを伝えていきたい」とする。

 演奏グループと高齢者施設をつなぐ同センター。事務局長の中原和文さん(68)はもともと、父親と子どもに科学実験の楽しさを伝える活動をしていたが、お年寄りも参加できる催しを企画したり、音楽活動をする家族がいたこともあったりし、高齢者施設で演奏会を開くことになったという。12年に同支援センターと演奏グループ「海」を立ち上げ、西宮市内で演奏会を開催すると、阪神間各地の施設に評判が広がった。

 連携する演奏グループは約20に増え、神戸や大阪の施設にも出向くように。8月下旬、「海」が西宮市内の施設で開いた演奏会では、「夏の思い出」や「オー・シャンゼリゼ」など10曲を披露した。81歳の女性は「懐かしい歌ばかりでウキウキ」と話し、表情が乏しかった女性が歌を口ずさむ場面もあった。

 「音楽っていいな、と思える時間。一緒に楽しんでいる」と話すのは「海」のメンバー。中原さんは「演奏を聞きながら“思い出スイッチ”が入って記憶がよみがえり、涙を流すお年寄りもいる。ニーズがどんどん増え、追いつかないぐらい」と話している。

 同支援センター(中原さん)TEL080・5309・5208

(中島摩子)

阪神の最新
もっと見る

天気(11月16日)

  • 18℃
  • 11℃
  • 0%

  • 18℃
  • 6℃
  • 10%

  • 19℃
  • 10℃
  • 0%

  • 19℃
  • 7℃
  • 0%

お知らせ