阪神

  • 印刷
「日本のアニメ聖地88」のプレートが掲げられる手塚治虫記念館=宝塚市武庫川町
拡大
「日本のアニメ聖地88」のプレートが掲げられる手塚治虫記念館=宝塚市武庫川町
聖地限定の「ご朱印スタンプ」
拡大
聖地限定の「ご朱印スタンプ」

 国内外のアニメファンの投票をもとに「2018年版 訪れてみたい日本のアニメ聖地88」に選ばれた兵庫県宝塚市の市立手塚治虫記念館(武庫川町)で25日、認定プレートの贈呈式がある。アニメツーリズム協会(東京都)が認定し、県内では宝塚市と、作品「長門有希ちゃんの消失」の舞台の西宮市を選出。同記念館には聖地限定の「ご朱印スタンプ」も設置し、担当者は「聖地を巡礼する観光客を呼び込みたい」と期待する。

 同協会は、日本全国に点在するアニメの聖地を海外・国内のアニメファンに発信し、観光客の増加を目指すことを目的に、2016年9月に設立。会長はガンダムの生みの親として知られる富野由悠季さんが務めている。

 聖地は作品の舞台や作家ゆかりの施設などがある自治体とし、初めてのインターネット投票を17年に実施。同年8月、約5万票の投票をもとにした88聖地を発表した。大ヒット映画「君の名は。」のモデルの一つとなった岐阜県飛騨市、水木しげるロードがある鳥取県境港市などがある。

 宝塚市で少年時代を過ごした漫画家、手塚治虫氏(1928~89年)の功績を伝える同記念館は1994年に開館し、ゆかりの品や作品資料の展示、アニメ制作体験コーナーなどがある。

 一方、「長門有希-」は西宮市出身の作家谷川流さんのライトノベル「涼宮ハルヒ」シリーズから派生した「スピンオフ」アニメで、阪急西宮北口駅周辺や夙川地区などが舞台となる。同協会によると、西宮での贈呈式の実施は未定という。

 同記念館のプレート贈呈式は25日午後6時半から。近くの「花のみち」である「宝塚アニメフェスタ2018×ハロウィン ライトアップ点灯式」内で行う。ご朱印スタンプの設置は26日から。同記念館TEL0797・81・2970

(中島摩子)

阪神の最新
もっと見る

天気(10月19日)

  • 23℃
  • 17℃
  • 10%

  • 22℃
  • 12℃
  • 60%

  • 24℃
  • 16℃
  • 10%

  • 24℃
  • 15℃
  • 10%

お知らせ