阪神

  • 印刷

 陸上自衛隊伊丹駐屯地(兵庫県伊丹市)は22日、中部方面衛生隊に所属していた未成年の新隊員男女6人を含む隊員計24人が同駐屯地内で無許可で飲酒したとして、減給の懲戒処分や口頭注意をしたと発表した。

 同駐屯地によると、9月6日夜、未成年の6人と成人の新隊員計16人と30代の男性班長2人の計24人が、新隊員後期課程の修了に合わせ、許可を得ずに隊舎内で酒席を設けた。18歳の新隊員5人と19歳の新隊員1人が酒を飲んだという。

 同駐屯地は事前に許可を得ない酒席は認められておらず、班長の1人を減給30分の1(1カ月)、もう1人を戒告とし、酒席に参加した新隊員全員を口頭注意した。また、事後に無許可での飲酒を知ったのに報告を怠ったとして、上司に当たる40代の男性陸曹長を減給30分の1(1カ月)の処分にした。

阪神の最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 30%

  • 22℃
  • ---℃
  • 40%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 25℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ