阪神

  • 印刷
「はらっぱ感謝祭」で販売するオリジナルTシャツを見せるはらっぱ保育所の前田公美理事長(左から2人目)ら=西宮市中殿町
拡大
「はらっぱ感謝祭」で販売するオリジナルTシャツを見せるはらっぱ保育所の前田公美理事長(左から2人目)ら=西宮市中殿町

 園舎が全壊した阪神・淡路大震災を乗り越えて保育を続けてきた、はらっぱ保育所(兵庫県西宮市中殿町)は17日午前10時~午後3時、開所39周年を記念して「はらっぱ感謝祭~つながって39~」と題した催しを開催する。

 同保育所は1979年に開設。95年1月の阪神・淡路大震災で当時の園舎が全壊したが、約3カ月後にプレハブを建てて保育を再開し、12年後に現在の園舎が完成した。

 感謝祭では大型絵本の読み聞かせ(午後0時半から)や、洗濯板などの日用品を楽器に演奏する「春待ちファミリーBAND」のライブ(午後2時から)など、親子で楽しめる催しを用意。無農薬野菜と自家製みそを使ったランチや、園児が描いた自画像がプリントされたオリジナルTシャツ(税込み2500円)、エコバッグ(同千円)も販売する。

 運営するNPO法人はらっぱの前田公美理事長(64)は「地域の皆さんに支えられてやってこられた。その感謝の思いを伝えたい」と話す。

 入場無料。はらっぱ保育所TEL0798・22・3561

(名倉あかり)

阪神の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ