阪神

  • 印刷
イチジクを使った「ブーランジェリー タケオカ」(大和西1)のデニッシュ(川西市商工会提供)
拡大
イチジクを使った「ブーランジェリー タケオカ」(大和西1)のデニッシュ(川西市商工会提供)
クリの甘露煮などをトッピングした「手作りパン ウィーンの森」(加茂2)の新作パン(川西市商工会提供)
拡大
クリの甘露煮などをトッピングした「手作りパン ウィーンの森」(加茂2)の新作パン(川西市商工会提供)

 兵庫県川西市内でパンを製造・販売するベーカリー7店舗をスタンプラリーで回り、新作パンなどを楽しむ「かわにし秋のパンまつり 2018」が開かれている。7店舗とも地域密着の個人経営。各店の個性的な味を市内外で知ってもらい、市自体の認知度アップも目指す。30日まで。

 7店舗とも地元では有名だが、小規模のため他地域であまり知られていないのが現状。同じく市外で認知度が低いとされる市のPRと合わせ、市商工会が企画した。参加者は各店で秋の新作か1番人気のパンを購入し3店分のスタンプを集めて応募すれば、12月の抽選でプレゼントが当たる。

 秋の新作パンは多くに市特産のイチジクが使われた。「パン工房 カザン・ヴォ」(清和台西1)はイチジクのデニッシュで、「Cake&Bread Poo(ケーキ&ブレッド プー)」(萩原台西1)は生ハムやクリームチーズなどと合わせた。「天然酵母パン工房 パヌトン」(栄町)は食パンの生地にイチジクのジャムを練り込んだ。

 「パン工房 つづみ」(鼓が滝1)は、秋の味覚であるクリのあんを使ったあんパンを用意。「Nico Nico Pann(ニコニコパン)」(平野3)はコーヒー味のメロンパンで、カフェオレホイップクリームなどを盛り付けた。

 市商工会は「好きなパンを持って市内の紅葉を見に行くなど楽しんでもらえれば」としている。店舗情報などは同会ホームページで紹介。同会TEL072・759・8222

(伊丹昭史)

阪神の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ