阪神

  • 印刷
待機児童の解消を目的に、駅前の商業施設内に整備された送迎保育ステーション=西宮市田中町
拡大
待機児童の解消を目的に、駅前の商業施設内に整備された送迎保育ステーション=西宮市田中町

 保育所の待機児童解消のため、兵庫県西宮市が整備を進めていた送迎保育ステーション「森の駅」(仮称)が、阪神西宮駅前の商業施設「エビスタ西宮」内に完成した。ステーションに子どもを預けると、約5キロ離れた市南部の保育所に専用のバスで送迎してもらえて、保護者は同駅から電車を利用して通勤できる。2019年4月に運用を始める予定。

 同市によると、4月1日現在の待機児童数は413人。同ステーションは保育需要は高いが、地価の高騰などで用地が確保できない地域で、待機児童対策として注目されている。

 社会福祉法人「みかり会」(南あわじ市)が運営し、来年4月に旧高須東小跡地(高須町1)に同法人が開所する「高須の森保育園」に送迎する。同園の定員は120人だが、うち3~5歳児の30人を同ステーションから受け入れる。

 ステーションの開所時間は午前7~9時、午後4時15分~6時。保護者が朝に子どもを預けると、専用バスで園に送り、夕方にはステーションに連れ帰る。園児たちはステーションで遊びながら保護者の迎えを待つ。午後7時まで延長保育もできる。

 同ステーションに隣接し、0~2歳児を預かる小規模保育園「森のこどもたち」も来年4月に開園予定。同ステーションは昼間は一時保育(生後6カ月~5歳児)としても利用できる。

 森の駅の利用などについては同市保育入所課(TEL0798・35・3160)へ。(斉藤絵美)

阪神の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ