阪神

  • 印刷
交渉術をテーマに講演した島田久仁彦さん=尼崎市猪名寺3
拡大
交渉術をテーマに講演した島田久仁彦さん=尼崎市猪名寺3

 国際交渉人や紛争調停官として活躍する東京のコンサルティング会社経営、島田久仁彦さん(43)がこのほど、兵庫県尼崎市猪名寺3の尼崎稲園高校で講演した。ゲームを交えた軽快なトークで交渉術を伝え、全校生徒約840人が聞き入った。

 島田さんは「ケイエス・インターナショナル・ストラテジーズ」の代表で、気候変動交渉やエネルギー政策などで日本や外国の政府に助言してきた。同校では「グローバル社会で活躍するためのコミュニケーション術」と題して話した。

 ポケットから千円札を取り出した島田さんは「一番高い値段を付けた人に千円札をあげる」とオークションを開始した。生徒から「300円」「999円」と声が飛び、最後には「10万円」に上がった。

 ここで島田さんは「1円でも安く千円札を競り落とすことが目的なのに、いつの間にか『相手に負けたくない』と目的がすり替わっている」と指摘。交渉では、感情に惑わされず最初の目的を見失わないことが肝心と説いた。

 最後は「20年後の自分を『妄想』し、逆算して今を過ごしてほしい」と締めくくった。(名倉あかり)

阪神の最新
もっと見る