阪神

  • 印刷
考案した肉まん「猪名満」のチラシを手にする猪名川高校の生徒たち=猪名川町紫合
拡大
考案した肉まん「猪名満」のチラシを手にする猪名川高校の生徒たち=猪名川町紫合
発売された肉まん「猪名満」=道の駅いながわ
拡大
発売された肉まん「猪名満」=道の駅いながわ

 猪名川高校(兵庫県猪名川町紫合)の生徒たちが考案した肉まん「猪名満」が商品化され、道の駅いながわ(同町万善)で販売が始まった。昨年11月のフォーラムで町に提案したところ、町長賞に選ばれて事業化。地元産のシイタケや寒天を使ったジューシーな食感が特長で、生徒たちは「新しい名物になって、猪名川町に多くの人を呼び込めれば」と期待している。(伊丹昭史)

 フォーラムは、若者の柔軟な視点で政策を提案してもらうとともに、同町への愛着を育てる目的で、町が毎年開く。第2回の昨年、猪名川高校で当時1年生だった6人が、総合学習の一環で猪名満を提案した。

 肉まんを選んだ理由は、観光客向けに持ち歩きやすく、地元のシイタケなども使えるから。だが最初の試作品は「味が薄く、あまりおいしくなかった」と生徒らは言う。幸運にもテレビなどで活躍する料理研究家の程一彦さんが同校職員と交流があり、助言を受けて改善。町長賞をつかんだ。

 商品化は道の駅いながわが、町の補助金を使って担当。10月7日に新名神高速道路の宝塚北サービスエリアでお披露目されると、準備した約300個は販売と試食で“完売”した。現在は土、日曜に1個180円で販売されている。

 目標の商品化を果たしたものの、考案メンバーの嶺尾朋香さん(2年)は「実感がない。ほんまに自分たちの意見でいいんかな」と苦笑する。平川綺乃さん(同)は「誇らしさはある。広く販売してもらって、いろんな人に食べてほしい」と話した。

 道の駅いながわTEL072・767・8600

阪神の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ