阪神

  • 印刷
フランス・アングレームで開かれた手塚治虫氏の特別展示にちなんだ企画展=宝塚市武庫川町
拡大
フランス・アングレームで開かれた手塚治虫氏の特別展示にちなんだ企画展=宝塚市武庫川町

 兵庫県宝塚市で少年時代を過ごした漫画家、手塚治虫氏(1928~89年)の生誕90周年を記念し、代表作「鉄腕アトム」や「リボンの騎士」、「ブラック・ジャック」などの原画計約100点を紹介する企画展が同市武庫川町の市立手塚治虫記念館で開かれている。12月24日まで。

 今年1~3月、フランス西部のアングレームで開かれた国際漫画祭で、手塚氏の特別展覧会「OSAMU TEZUKA MANGA NO KAMISAMA(手塚治虫 漫画の神様)」があり、今回の企画はその“凱旋展”となる。

 会場入り口には国際漫画祭のアート・ディレクター、ステファン・ボージャン氏が寄せた「西洋の人々にとって手塚治虫は、漫画文化、日本のグラフィックの伝統、日本の文化・歴史を知るための開かれた窓」などのメッセージを掲示する。

 展示は、手塚作品が生まれた年代別に「無垢の時代」「理想の追求」「現実との対峙」の3章に分けて構成し、1945年から78年までの計19作品の原画を展示。「鉄腕アトム」でのアトムの誕生や、「ブラック・ジャック」でのピノコの初登場など、貴重なシーンの原画が楽しめる。

 手塚治虫記念館の担当者は「アングレームでの開催内容を極力そのままに、海外のキュレーター(学芸員)の独自の視点を介して、新たな手塚治虫の魅力を発見してほしい」と話す。このため、展示内容の説明文は海外の学芸員が書いた文章を日本語に翻訳した。

 アングレームでの特別展覧会は計5章の構成だったといい、62年以降の作品を紹介する4~5章の展示は来年4月以降に予定する。同記念館は12月25日から3月31日まで、展示内容や空調機器を更新するため休館する。

 水曜休館。大人700円、中高生300円。小学生100円。同記念館TEL0797・81・2970

(中島摩子)

阪神の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ