阪神

  • 印刷
猪名川町の活性化策を発表する生徒ら=猪名川町白金1(同町提供)
拡大
猪名川町の活性化策を発表する生徒ら=猪名川町白金1(同町提供)

 兵庫県猪名川町の高校生らが町の活性化策を提案する「第3回町の未来を描く高校生フォーラム」がこのほど、同町白金1の町文化体育館であった。猪名川高校(紫合)と猪名川甲英高等学院(上阿古谷)の生徒計7組40人が施策案を発表。うち2案が、町が事業化を検討する町長賞に選ばれた。

 同フォーラムは若者の柔軟な発想を生かし、地元への愛着も育てる目的で町が毎年開催。昨年の町長賞に輝いた肉まん「猪名満」の商品化とグリーンツーリズム事業は、町が補助金を出して実現した。今年も福田長治町長や住民ら約160人が発表に耳を傾けた。

 町長賞には、里山を生かした公園や特産品、思い出づくりを通じて、同町のファンを増やす「3つの作ろうProject(プロジェクト)」(同高等学院)▽独居高齢者の健康などを給食でサポートし、地域コミュニティーづくりにも結びつける「給食でつなぐ 猪名川の輪」(同高校)-の2案が選ばれた。

 審査委員長を務めた福田町長は2案について「町のファンづくりは、一足飛びに移住につながらなくても、非常に大事なこと。給食は町の魅力の一つ。その次なる可能性に着目した素晴らしい提案だった」と評した。(伊丹昭史)

阪神の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ