阪神

  • 印刷
障害のある人が作った多種多様な作品が並ぶ=芦屋市呉川町
拡大
障害のある人が作った多種多様な作品が並ぶ=芦屋市呉川町

 「第11回芦屋市障がい児・者作品展」が5日、兵庫県同市呉川町の市保健福祉センターと木口記念会館で始まった。市内に住む障害のある人や事業所を利用する人の絵画や手芸作品など約180点が並ぶ。11日まで。

 市障がい者団体連合会などでつくる実行委員会が、障害者週間(3~9日)に合わせて毎年開く。

 障害児が放課後などに通う事業所は合同で、手形などを貼り合わせて巨大な魚を形作った作品を展示。一輪挿しなどの陶芸や靴下で作ったサルの人形、シールを貼った紙皿を並べてクリスマスツリーをかたどった平面作品など力作が並ぶ。

 植物を輪にした装飾を出品した女性(71)=同市=は「作品展を通じ、色んな団体があると知ってほしい」と話す。

 入場無料。午前9時半~午後5時。市障がい者基幹相談支援センターTEL0797・31・0739

(中川 恵)

阪神の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ