阪神

  • 印刷
50年以上関学の選手を見守ってきた関西学院大上ケ原キャンパス南門前で駄菓子屋「松本商店」を営む松本初江さん=甲子園球場
拡大
50年以上関学の選手を見守ってきた関西学院大上ケ原キャンパス南門前で駄菓子屋「松本商店」を営む松本初江さん=甲子園球場

 兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で16日にあった、アメリカンフットボールの全日本大学選手権決勝「第73回甲子園ボウル」。この日の応援席には、関学大の選手やOBらが「永遠のマネジャー」と慕う松本初江さん(78)の姿もあった。大学前で半世紀以上駄菓子店を営み、選手らと交流。「選手は孫のよう。応援に来ないと落ち着かない」と声援を送った。

 選手らは普段、練習後に店を訪れ、松本さんと談笑。OBらによると「何でも気軽に話せてほっとする場所」といい、松本さんも「学生にいつも元気をもらっている」と話す。

 松本さんはこの日、選手に気付いてもらえるよう、店の時と同じ紺のバンダナを頭に巻いて応援。「けがせんといてね」と試合を見守った。(小谷千穂)

阪神の最新
もっと見る

天気(6月19日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ