阪神

  • 印刷
伊丹市役所外観=伊丹市千僧1
拡大
伊丹市役所外観=伊丹市千僧1

 兵庫県伊丹市の藤原保幸市長は21日までに、関西、大阪(伊丹)、神戸空港の有効活用を官民が話し合う24日の関西3空港懇談会で、伊丹空港での国際チャーター便受け入れを要請するよう井戸敏三県知事に伝えた。

 懇談会には国土交通省や関係府県市、商工会議所、3空港を運営する関西エアポートのトップらが出席する。伊丹市をはじめ大阪空港周辺市は参加機関ではなく、藤原市長は地元市の要望として会合に出席する井戸知事に、旅行会社などのツアーで一般旅行客を運ぶ国際チャーター便の就航実現を依頼した。

 1994年の関空の開港後、大阪空港はプライベートジェットなどの「オウンユース」以外の国際線は飛んでいない。藤原市長は神戸新聞の取材に、運用制限から、午後9時以降は遅延便の行き先を一律的に関空に振り向ける運用に弾力性を持たせ、大阪空港に着陸できる余地も求めたとした。

 8年ぶりの再開となる3空港懇談会をめぐっては、井戸知事が神戸、大阪空港での国際チャーター便の運航を提案。大阪府の松井一郎知事も、大阪空港の1日370回の発着制限や運用時間の緩和を求める考えを明らかにしている。

阪神の最新
もっと見る

天気(3月24日)

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 11℃
  • 3℃
  • 60%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 13℃
  • 3℃
  • 30%

お知らせ