阪神

  • 印刷
今年2月に開かれた甲子園浜マラソン大会。海辺を快走するランナーたち
拡大
今年2月に開かれた甲子園浜マラソン大会。海辺を快走するランナーたち

 冬の浜辺を駆ける毎年恒例のレースで、来年2月10日に予定されていた「甲子園浜マラソン大会」の中止が決まった。コースとなる甲子園浜(兵庫県)の遊歩道が9月の台風21号で損傷し、来年3月末まで復旧のめどが立たないため。地元が13年前から主催してきた名物レースだけに、住民は「残念。次回の開催を楽しみにしていてほしい」と話している。

 同大会は地元住民で作る「スポーツクラブ21甲子園浜」が主催。マラソン好きだった当時の会長の提案で、2006年から始まった。自然海岸が残る甲子園浜は国の特別保護地区に指定される。浜辺を走る同大会は景色もよく、“ミニ・ホノルルマラソン”とも呼ばれてきたという。10キロランニングのほか、ファミリージョギングやウオーキングなどの5種目に、例年約800人が出場。地元住民約250人もボランティアに加わり、地域を挙げたイベントだった。

 しかし、9月の台風21号で浜辺の遊歩道のタイルがはがれるなど、周辺は甚大な高潮被害に遭った。地元は大会の開催を希望したが、県によると来年3月まで修復に時間がかかるため、開催を断念した。

 スポーツクラブ21甲子園浜代表の松本夫美子さん(66)の元には、中止を知らない参加希望者からすでに申し込みのはがきが届いており、折り返し中止を通知しているという。松本さんは「13回も続けてこれただけに、中止は断腸の思い。次回は必ず開催したい」と話している。(斉藤絵美)

阪神の最新
もっと見る

天気(7月21日)

  • 31℃
  • 26℃
  • 40%

  • 31℃
  • 25℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 30%

  • 31℃
  • 25℃
  • 30%

お知らせ