阪神

  • 印刷
川西市がサービスを始める子育て支援アプリ「マチカゴ」=川西市役所
拡大
川西市がサービスを始める子育て支援アプリ「マチカゴ」=川西市役所

 兵庫県川西市は来年1月4日から、子育て情報をスマートフォンなどのアプリで取得できるサービスを始める。子どもの年齢に合わせ、予防接種や健康診査などの情報が表示され、関連イベントの参加予約もできる。民間事業者が広告費で運営するため、市の費用負担はないという。

 市の調査(2016年度)では、15~39歳の市民の9割以上がスマホを利用している。子育て世代に必要な情報を手軽に入手してもらおうと、11月に子育て支援アプリ「マチカゴ」を運営している「ホープ」(福岡市)と協定を結んだ。

 マチカゴは無料。子どもの生年月日や郵便番号などを登録すると、市が発信する子育てイベントや各種手続きなどの情報を見られる。行きたいイベントをクリックすればアプリ内のカレンダーに登録され、スケジュール管理が簡単に。カレンダーは家族などで共有できる。相談窓口の一覧もあり、アプリから直接、電話やメールで連絡できる。

 市は「自分向けの子育て支援情報が、このアプリ一つで分かる。活用してほしい」としている。川西市こども支援課TEL072・740・1246

(伊丹昭史)

阪神の最新
もっと見る

天気(1月22日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 8℃
  • ---℃
  • 60%

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ