阪神

  • 印刷
正月用の鏡餅や小餅を買い求める人々=尼崎市神田南通2(撮影・風斗雅博)
正月用の鏡餅や小餅を買い求める人々=尼崎市神田南通2(撮影・風斗雅博)

 「いらっしゃい、安いよ!」「つきたてのお餅はいかがですか」-。新年の足音が聞こえてくる30日、兵庫県の阪神尼崎駅西側の三和本通商店街には威勢のよい声が響き、年末年始の食材や正月用の飾りを買い求める老若男女でにぎわった。(名倉あかり)

 地元住民の食卓を支え続けて約60年の同商店街は南北約450メートルに約100店舗がひしめく。店頭にはだて巻きや煮豆などのおせちの定番メニューや白菜やユズといった旬の食材がずらり。店員に「よいお年を」とあいさつしながら商品を受け取る常連客の姿もあった。

阪神の最新
もっと見る

天気(7月21日)

  • 31℃
  • 26℃
  • 40%

  • 31℃
  • 25℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 30%

  • 31℃
  • 25℃
  • 30%

お知らせ