阪神

  • 印刷
ファミリー世帯の入居が続くJR塚口駅東側のマンション群=尼崎市上坂部(撮影・小谷千穂)
ファミリー世帯の入居が続くJR塚口駅東側のマンション群=尼崎市上坂部(撮影・小谷千穂)

 兵庫県尼崎市のJR塚口駅東側でのマンション開発に伴う児童数の急増を受け、尼崎市は園田南小学校(若王寺1)の校舎を1棟新築することを決め、2020年4月から利用を始める。既に隣のJR尼崎駅周辺も住宅地として生まれ変わって児童が増え、地元の潮小学校で新校舎が近く完成する。統一感のある機能的な街並みや大阪へのアクセスの良さが特長で、尼崎の再開発地域は子育て世帯などに高い需要がうかがえる。(岡西篤志)

 JR塚口駅東側には、森永製菓塚口工場があったが、13年に閉鎖。跡地を使って、マンションや商業施設を含む新街区「ZUTTO CITY(ズットシティ)」が開発された。住宅の総戸数は約1300。昨年3月に最終期の入居が始まり、居住者はファミリー層を中心に約5千人に達するという。

阪神の最新
もっと見る

天気(1月22日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 8℃
  • ---℃
  • 60%

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ