阪神

  • 印刷
平成に起きた大震災を写真に収めてきた長島義明さん=芦屋市平田町
平成に起きた大震災を写真に収めてきた長島義明さん=芦屋市平田町

 阪神・淡路大震災と東日本大震災の被災地を捉えた写真展「平成の大震災」が兵庫県芦屋市平田町のカフェギャラリー「アンダンテ」で開かれている。写真家の長島義明さん(76)=同市=が撮りためた千枚以上の中から選んだ作品約60点を展示。長島さんは「平成が終わるこの年に、災害を見つめ直すきっかけにしてほしい」と力を込める。17日まで。(風斗雅博)

 20歳からフリーカメラマンとして国内外を巡ってきた長島さん。中東や中南米、ヨーロッパなど世界各国を飛び回り歴史の節目をカメラに収めてきたが、震災は「自然の猛威の最たる姿で自分にとって1番の出来事だった」と語る。

阪神の最新
もっと見る

天気(6月16日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ