阪神

  • 印刷
芦屋市役所=芦屋市精道町7
拡大
芦屋市役所=芦屋市精道町7

 兵庫県芦屋市は2019年度、昨年9月の台風21号で高潮などの被害を受けた南芦屋浜地区や宮川水域で、海や河川の水位、水面の様子を確認できる監視カメラを計4台設置する。整備工事費は計1800万円で、19日開会の議会に18年度補正予算案として提案する。

 監視カメラを設置するのは、南芦屋浜地区の東・南護岸▽芦屋キャナルパーク北側▽宮川左岸-の計4カ所。大雨や台風で急激に水位が上昇した場合、市職員が庁舎内のモニターで確認して適切な避難発令を呼び掛ける。7月末までには設置を済ませる予定という。

 台風21号の強風、高潮の影響で南芦屋浜地区では、海水が護岸(高さ約5・2メートル)を越えて住宅街に浸入。西蔵町と呉川町では、両町域をまたいで流れる宮川の堤防を越えて約10ヘクタールが浸水するなど、市内の家屋の浸水被害は計約300件に上った。(風斗雅博)

阪神の最新
もっと見る

天気(4月22日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ