阪神

  • 印刷
大型連休中の休園情報を知らせる猪名川町のホームページ
拡大
大型連休中の休園情報を知らせる猪名川町のホームページ

 皇位継承に伴う4月29日から5月6日までの10連休で、休日保育の受け入れが阪神間の市町でも課題になっている。連休中、暦通りに対応すれば、保育施設は土曜日の4月29日を除いて9日連続の休園になる見通しだ。ただ、勤務によっては子どもを預けたい保護者もいるとみられ、対応の検討を始めた自治体もある。(中川 恵)

 両親が共働きであれば、特に10連休は長い。小学生と幼稚園児の子どもがいる母親で、文化施設で働く西宮市の女性(41)は「おそらく大型連休も出勤になる」と言う。「夫も10連休とはいかないだろう。親に来てもらうなどしてやりくりする」と話す。

 阪神間6市1町の担当者に聞くと、保護者からは「(保育施設の休みは)カレンダー通りですよね」という確認がある。

 尼崎、西宮市は連休中の保育の受け入れを「検討している」とする。宝塚、川西市などは、事前申込者を対象とした休日保育制度の利用で対応する方針。

 宝塚市は昨年の大型連休の際、定員10人で定員以上の希望者が出た。その後、定員を15人に増やした。川西市は休日保育を行う2園があるが、保育士らの人繰りがつかず、どちらか1園を開けるという。

 連休を前に、国は今月22日、必要な保育ニーズを充足できるよう対応を促す通知を自治体に出した。既に神戸市は10連休のうち、4月30日、5月1、2日の3日間に限り、休日保育の受け入れ枠を大幅に広げる方針を示す。

 全国的に連休中の保育の受け皿が検討される見通しだが、阪神間のある市の担当者は「普段預かっていない子どもを預かるには面談などの準備が必要。アレルギー対応などもあり、急に預け先を増やすことが子どものためになるのか」といぶかしがる。別の担当者も「保育士は休みを取りにくい職種。ワークライフバランスもあるし、(9連休に)ご理解をいただきたい」と話した。

阪神の最新
もっと見る

天気(4月25日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 20℃
  • ---℃
  • 40%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ