阪神

  • 印刷
「初めての銭湯巡りにおすすめ」とPRする稲里美さん(右)と黒木久美子さん=尼崎市道意町2
拡大
「初めての銭湯巡りにおすすめ」とPRする稲里美さん(右)と黒木久美子さん=尼崎市道意町2

 兵庫県尼崎市と大阪市此花区の阪神電鉄沿線にある3銭湯が、げた箱の鍵に似せた木札を使ったスタンプラリー「阪神沿線あまから湯めぐり」を始めた。銭湯になじみの薄い若い人が関心をもつよう、チラシや木札のデザインを愛らしくした。企画した女将たちは「銭湯ごとの特長を見つけ、私たちとの会話も楽しんで心も体も温めてほしい」と話す。(中川 恵)

 源泉掛け流しの蓬莱湯(尼崎市道意町2、尼崎センタープール前駅)▽創業95年の老舗、第一敷島湯(尼崎市杭瀬本町、杭瀬駅)▽ロードバイクを店内で預かる千鳥温泉(大阪市此花区梅香、千鳥橋駅)-の3銭湯。阪神尼崎駅を拠点に、それぞれが姫路、梅田、大阪難波の方面へ向かえば最寄り駅に着くため、「あまから(尼から)」と名付けた。

 知り合いの銭湯が閉店する際、げた札の処分を頼まれた第一敷島湯の黒木久美子さん(48)が「何か活用できないか」と考え、熊本県・黒川温泉の入湯手形を参考に、木札を台紙代わりにしたスタンプラリーを発案。旧知の蓬莱湯の稲里美さん(59)に持ちかけ、千鳥温泉にも声を掛けた。

 衛生面から、木札は四万十ヒノキを使って木工作家が新たに制作。げた札同様、木札の溝の幅は異なるように仕上げた。ぶらさげられるよう麻ひもを付けるが、革ひもも別売り(150円)し、自分好みに変えることができる。三つの銭湯を回るとヒノキの木くずを詰めた香り袋「サシェ」がもらえる。

 「おいしいお店の紹介もします。親戚の家に行くような感覚で来てほしい」と稲さん。黒木さんは「尼崎の銭湯の知名度はまだ低い。これを機に、地域の銭湯を知ってほしい」と話す。

 スタンプラリーは8月31日まで。木札は先着300枚まで千円、以降は1200円で、賞品もサシェから代わる。購入は各銭湯で。問い合わせは主催者のメールアドレス(amayume1010@gmail.com)へ。蓬莱湯TEL06・6411・0567、第一敷島湯TEL06・6481・7120、千鳥温泉TEL06・6463・3888

阪神の最新