阪神

  • 印刷
行方不明者の捜索時に、協力者のスマートフォンに表示されるアプリ画面=芦屋市役所
行方不明者の捜索時に、協力者のスマートフォンに表示されるアプリ画面=芦屋市役所

 兵庫県芦屋市は3月から、情報通信技術(ICT)を活用した民間の認知症高齢者らの見守りシステム「みまもりあいプロジェクト」で、利用者への費用助成を始めた。システムは位置情報を用いて、認知症のある人が徘徊し行方不明となった場合、スマートフォンの専用アプリをダウンロードした近くの協力者に捜索を依頼できる。同市は助成によってシステムの普及を図り、早期発見や介護の負担軽減を目指す。(風斗雅博)

 システムは、社団法人「セーフティネットリンケージ」(札幌市)が開発。有料登録された認知症の高齢者らは、ID番号とフリーダイヤルの電話番号が付いたステッカーを持ち物などに貼り付ける。

阪神の最新
もっと見る

天気(7月18日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

  • 31℃
  • ---℃
  • 60%

  • 31℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ