阪神

時計2019/4/14 17:13神戸新聞NEXT

  • 印刷
芦屋市長選に立候補した幣原都氏(右)と伊藤舞氏
拡大
芦屋市長選に立候補した幣原都氏(右)と伊藤舞氏

 兵庫県芦屋市長選は14日に告示され、いずれも無所属新人で、元兵庫県議の幣原都氏(48)=自民推薦=と、元芦屋市議の伊藤舞氏(49)が立候補した。同日午後5時に届け出が締め切られ、同市長選では初めてとなる女性の新人同士が一騎打ちで新市長を争う選挙戦が始まった。

 幣原氏は、昨年の台風21号で高潮などの被害を受けた市南部の復旧事業など県議での実績を強調。地区ごとに予算を振り分ける「地域予算」の導入や在宅医療の充実を訴える。

 市議3期を務めた伊藤氏は、働く市民の悩みに対応するため「夜間相談窓口」の設置を提言。校区内での学童保育の実現や幅広い世代が交流できる居場所づくりも施策に掲げる。

 4期16年を務めた現職の山中健市長(69)は今期限りでの退任を表明している。

 13日現在、同市の選挙人名簿登録者数は7万9973人。

阪神の最新
もっと見る

天気(4月24日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 80%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 23℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ