阪神

  • 印刷
「福めぐり」期間中に西宮神社で授与される御朱印帳や御朱印帳袋=西宮市社家町
拡大
「福めぐり」期間中に西宮神社で授与される御朱印帳や御朱印帳袋=西宮市社家町

 商売繁盛の神様「えべっさん」の総本社、西宮神社(兵庫県西宮市社家町)は、今年9月に迎える海上渡御祭再興20年を記念し、同市や芦屋、神戸市の沿岸部にある17社寺を訪れる「西国街道御朱印福めぐり」を始めた。来年3月末まで。

 海上渡御祭は、鳴尾の漁師がえびす像を神戸の和田岬ですくい上げ、西宮に持ち帰ったという伝説に由来する。安土桃山時代に途絶えたが、2000年に阪神・淡路大震災からの復興を願って再開された。

 「福めぐり」の対象は、西宮神社から和田岬までの陸路に位置する芦屋市の打出天神社や神戸市中央区の三宮神社、同市兵庫区の三石神社など。17社寺の住所などが載った冊子を西宮神社で配布。17社寺すべての御朱印を集めると、西宮神社で特製の手拭いがプレゼントされる。

 期間中は同神社で渡御祭をモチーフにした御朱印帳(千円)や、福笹やタイの絵柄が入った御朱印帳袋(同)、特別御朱印(300円)を用意する。

 西宮神社の禰宜、千鳥祐兼さん(50)は「お参りを通して土地の風情や歴史を感じてほしい」と話す。

 西宮神社TEL0798・33・0321

(名倉あかり)

阪神の最新
もっと見る

天気(7月23日)

  • 31℃
  • 25℃
  • 30%

  • 32℃
  • 24℃
  • 30%

  • 31℃
  • 25℃
  • 40%

  • 31℃
  • 24℃
  • 30%

お知らせ