阪神

  • 印刷
「寝トレッチ」のやり方をアドバイスする松井カレンさん(中央上)=西宮市今在家町
拡大
「寝トレッチ」のやり方をアドバイスする松井カレンさん(中央上)=西宮市今在家町

 痛くない、しんどくない。だから長く続けられる-。従来の概念を覆す新しいストレッチ「寝トレッチ」を、兵庫県西宮市のフィットネスジムが発案した。小さなボールに、伸ばしたい体の部分を乗せるように当てて、寝転がるだけ。一般的なストレッチと違って筋肉を使わないため汗をかかず、負荷が少なく体を痛める心配も少ないという。発案者は「お年寄りでも楽にできる。介護予防にも有効」とアピールする。

 考案したのはフィットネスジム「スタジオカレン」(西宮市今在家町)代表の松井カレンさん(56)。きっかけはスポーツジムのインストラクターとして勤めていた約15年前。肩を痛め、病院や整体、針治療に通っても改善されなかったが、たまたま小さなボールで患部を押してみると、痛みが和らいだという。正しい知識を学び、寝トレッチを編み出した。4年前に独立して開業し、昨年7月に寝トレッチを商標登録した。

 寝トレッチで使うのは、空気圧が調整できる小さめのボールと布団1枚分のスペース。腰や首の後ろ、股関節、肩甲骨などの部位と床の間にボールを置いて体重を乗せ、ボールの反発力を利用して筋肉を伸ばす。部位ごとに毎日1分間行うのが望ましいといい、補助役を付けてのトレーニングを薦める。

 寝トレッチは「体重と同じだけの力を均一に一定方向に伝えるので、体力のない人や体が硬い人も効果を得やすい」と松井さん。強く引っ張りすぎて筋を痛めるようなこともなく、「お年寄りの健康寿命を延ばすのにもつながるし、リラックスにもなる」と話す。

 体験レッスン(千円)を受け付けているほか、寝トレッチを紹介するDVD(3780円)を発売中。スタジオカレンTEL090・8146・9225

(初鹿野俊)

阪神の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ