阪神

  • 印刷
会見で謝罪する尼崎市教育委員会の幹部ら=9日午前、尼崎市役所(撮影・山本 晃)
拡大
会見で謝罪する尼崎市教育委員会の幹部ら=9日午前、尼崎市役所(撮影・山本 晃)

 全国大会常連の強豪、兵庫県の尼崎市立尼崎高校男子バレーボール部で、コーチの男性臨時講師(28)が部員に体罰をしていた問題で、同市教育委員会は9日の会見で、日常的な体罰の有無など詳細を調査すると発表した。市教委によると、同部の男性監督(51)をはじめ指導者らは4月29日に体罰を把握しながら、匿名の情報が寄せられるまで学校に報告していなかった。

 男性講師は10連休半ばの4月29日、同校で練習中に3年生部員1人の顔を複数回平手打ちした。市教委によると、けがはなかった。ボールの片付けで「(部員の)緩慢な態度に感情的になってしまった」と話し、現在は指導を外れている。

 市教委は今後、他に体罰がなかったかや部の管理体制などを調べる予定で「管理監督責任を含めて対処する」とした。また、市立中学・高校に体罰防止の徹底を求める通知や教職員向けの研修なども検討する。(大盛周平)

阪神の最新
もっと見る

天気(6月25日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ