阪神

  • 印刷
コケをついばむカルガモの子どもたち=西宮市川添町
コケをついばむカルガモの子どもたち=西宮市川添町

 穏やかな天気が続く中、兵庫県西宮市の夙川下流域でカルガモの親子が水辺を泳いでいる。親のそばにくっつきながらエサを探す小ガモの愛らしい様子が、通行人らの心を和ませている。

 カルガモは1年を通じて同じ場所で生息する「留鳥」。くちばしの先が黄色く、産卵後は雌が子どもを育てる。

阪神の最新