阪神

  • 印刷
平和な世界を祈って展覧会を開く中島千恵さん(左)と森本博美さん=西宮市北口町
拡大
平和な世界を祈って展覧会を開く中島千恵さん(左)と森本博美さん=西宮市北口町

 兵庫県西宮市在住の洋画家中島千恵さんと教え子ら約30人による展覧会「美の狩人展」が21日から、同市北口町の市立北口ギャラリーで始まる。平和を願って描かれた油絵や水彩画など約150点が並ぶ。26日まで。

 同展は、美しさを追い求める画家の姿を狩人に例え、不定期に開く。中島さんの長女で照明デザイナーの森本博美さん(東京都)が照明を手がけた。

 人物や静物など題材や表現方法はさまざま。昨年の西日本豪雨で、岡山県倉敷市真備町地区の自宅が浸水した女性(59)は、被災前に描いていた風景画と、自宅を掃除する娘の姿や変わらず色づく紅葉を描いた水彩画を出展した。「力強く再生する植物の姿に元気をもらったので、その美しさを描いた」と話す。

 午前10時~午後5時(26日は同3時まで)。北口ギャラリーTEL0798・69・3160

(中川 恵)

阪神の最新
もっと見る

天気(7月22日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 50%

  • 31℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ