阪神

  • 印刷
入学式の後、尼崎城の前で記念撮影をする子どもたち=尼崎市北城内
拡大
入学式の後、尼崎城の前で記念撮影をする子どもたち=尼崎市北城内
尼崎城の天守閣で城の構造を学んだ子ども=尼崎市北城内
拡大
尼崎城の天守閣で城の構造を学んだ子ども=尼崎市北城内
参加者が忍者学校の「心得5カ条」を唱和した入学式=尼崎市北城内
拡大
参加者が忍者学校の「心得5カ条」を唱和した入学式=尼崎市北城内
初回の修行を終え、手裏剣を投げるしぐさをする忍者の卵たち=尼崎市北城内
拡大
初回の修行を終え、手裏剣を投げるしぐさをする忍者の卵たち=尼崎市北城内

 今年3月に開城した尼崎城がある尼崎城址公園(兵庫県尼崎市北城内)で26日、「猪名寺忍者学校」の入学式が開かれた。黒ずくめの衣装で忍者に扮した小学生44人が、天守内外で城や地域の歴史を学ぶ“修行”に挑み、忍者としての第一歩を踏み出した。

 同市猪名寺地区の園田北小学校の児童が対象で、2015年に始まり5期目。同地区は同市出身の漫画家尼子騒兵衛さんの人気作「忍たま乱太郎」の主人公、「猪名寺乱太郎」の由来となった場所で、自治会などが地元の歴史や自然を知ってもらおうと開校した。

 入学式はこれまで同地区内の寺や公園などで行われてきたが、「忍者とお城は切っても切れない」と、尼崎城での開催となった。忍者の卵「忍たま」たちは「弱い者をいじめるな」「呼ばれたらハイと返事をしよう」といった「忍者の心得5カ条」を復唱。その後は城内に“潜入”し、城の歴史や特徴を学んだ。

 毎期参加しているという園田北小4年の女児(9)は、「お城のことをたくさん知れた。今年も5カ条を実践できるように頑張りたい」と意気込んだ。

 学校は11月までで、ほぼ月1回のペースで開かれる。子どもたちは、木登りや綱渡りの習得のほか、地元産食材の試食などを通して一人前の忍者を目指す。(山本 晃)

阪神の最新
もっと見る

天気(12月6日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 5℃
  • ---℃
  • 60%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ