阪神

  • 印刷
大クスのもと、声を弾ませて遊ぶ子どもたち=西宮市六湛寺町
大クスのもと、声を弾ませて遊ぶ子どもたち=西宮市六湛寺町

 梅雨の訪れを前に、暑さも一段落。兵庫県西宮市六湛寺町の海清寺で、県天然記念物の大クスが若葉をつけ、初夏の到来を告げている。

 同市教育委員会によると、大クスは寺の創設時に植えられたとされ、樹齢は約600年。高さは35メートルほどあるという。隣接する六湛寺公園周辺にはケヤキやコブシなど約50本の街路樹も並び、新緑が映える中、子どもたちがボール遊びや駆けっこなどをして元気よく遊び回っている。

阪神の最新