阪神

  • 印刷
広島で被爆し、32歳で亡くなった宝塚歌劇スター園井恵子さんを紹介するコーナー=宝塚市栄町1、宝塚大劇場「宝塚の殿堂」
拡大
広島で被爆し、32歳で亡くなった宝塚歌劇スター園井恵子さんを紹介するコーナー=宝塚市栄町1、宝塚大劇場「宝塚の殿堂」
園井恵子さん(阪急文化財団提供)
拡大
園井恵子さん(阪急文化財団提供)

 戦前戦中に宝塚歌劇団のスターとして活躍し、広島で被爆して32歳で亡くなった園井恵子さんが、歌劇の発展に貢献したスターやスタッフをたたえる施設「宝塚歌劇の殿堂」の顕彰者に新たに選ばれた。31日から宝塚大劇場(兵庫県宝塚市栄町1)内で、愛用していた扇子や役で使った半襟などを紹介する展示が始まり、園井さんが生きた証しに触れられる。(小谷千穂)

 岩手県出身の園井さんは、1930年に舞台デビュー。男役ながら母親や老婦人なども演じ、コミカルな役にも定評があった。42年に退団後は、映画「無法松の一生」のヒロイン役などを務めた。45年8月6日、移動演劇隊「桜隊」の巡業中に広島で被爆し、同21日、神戸の知人宅で息を引き取った。

 宝塚歌劇の殿堂は、2014年に歌劇100周年を記念してオープン。紹介される顕彰者には創設者小林一三氏や伝説のトップスターとして知られた春日野八千代さんらがおり、園井さんは105人目。施設を運営する阪急電鉄は、選んだ理由を「宝塚レビューの黎明期に初舞台を踏み、戦争が暗い影を落とす時代に、高い演技力で多彩な役割を見事に演じ活躍した」とする。

 新設コーナーには、園井さんが愛用した扇子や映画「無法松の一生」で使われた半襟、小林氏が園井さんに送った手紙の複製など9点を展示。故郷の岩手県岩手町にある銅像の写真も飾られる。阪急電鉄によると、タカラジェンヌを模した銅像は貴重という。

 東京都世田谷区から訪れた女性(70)は「原爆がなければもっと活躍されたんだろうなと心が痛んだ」と話していた。

 小学生以上500円、未就学児は無料。大劇場休演日は休館。宝塚歌劇インフォメーションセンターTEL0570・00・5100

阪神の最新