阪神

  • 印刷
市街地の浸水を防ぐために設置された排水ポンプを見学する参加者たち=尼崎市西海岸町
市街地の浸水を防ぐために設置された排水ポンプを見学する参加者たち=尼崎市西海岸町

 兵庫県尼崎市の臨海部を高潮や津波から守る尼崎閘門(通称・尼ロック)をPRし、防災意識を高めてもらおうと2日、同市西海岸町で「尼ロック防災フェスティバル」が開かれた。家族連れなど約220人が、浸水から街を守る仕組みを学んだ。

 県尼崎港管理事務所が主催。同市内は約3分の1が海抜ゼロメートル地帯で、防潮堤などで市内を守る。尼ロックは防潮堤の内外へ船を行き来させるために1955年に整備。二つの水門の開閉で、海と運河の水面の高さを調整している。今も1日当たり20~30隻の船が通過するという。

阪神の最新
もっと見る

天気(12月9日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ