阪神

  • 印刷
獲得したベルトを肩に掛け、川西市の越田謙治郎市長(右)とポーズを取る加納陸選手=同市役所
拡大
獲得したベルトを肩に掛け、川西市の越田謙治郎市長(右)とポーズを取る加納陸選手=同市役所

 5月にプロボクシングの世界ボクシング評議会(WBC)世界ユース・ライトフライ級王者に輝いた大成ジム(兵庫県三田市)の加納陸選手(21)=同県川西市=が21日、同市役所を訪れ、越田謙治郎市長らにベルト獲得の喜びや抱負などを語った。

 小学4年でボクシングを始めた加納選手は高校に進まず、タイなどで武者修行し、17歳で世界ボクシング協会(WBA)アジアミニマム級王者に。東洋太平洋同級暫定王座にも就いた。

 5月26日に大阪であった試合は24歳以下の世界王者決定戦。世界戦などタイトル戦3連敗中の加納選手は「ここで負けるようじゃ、どうしようもない。後がない気持ちで挑んだ」と攻め立て、インドネシアの選手に8回TKOで快勝した。

 越田市長は「川西の人が世界で活躍して戻ってくるのはうれしい。高みを目指して頑張って」と激励。秋ごろに三田市内で初防衛戦を予定する加納選手は「気を引き締め直し、さらに上のベルトを取れるよう一から精進したい」と意気込んだ。(伊丹昭史)

阪神の最新
もっと見る

天気(9月17日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ