阪神

  • 印刷
「親子de体操ダイナミックに遊ぼう!」の昨年の様子(西宮市文化振興課提供)
拡大
「親子de体操ダイナミックに遊ぼう!」の昨年の様子(西宮市文化振興課提供)
「美しく舞う、能の謡と仕舞~入門編~」の昨年の様子(西宮市文化振興課提供)
拡大
「美しく舞う、能の謡と仕舞~入門編~」の昨年の様子(西宮市文化振興課提供)

 手品や狂言、体操などさまざまな計32講座を、1講座90分500円で体験できる催し「ワークショップフェスティバル・西宮ドアーズ」が8月24、25日、西宮市民会館(兵庫県西宮市六湛寺町)で開かれる。講師は同市を中心に活動するアーティストらが務める。7月22日から先着順で参加を受け付ける。

 「ワークショップフェスティバル・ドアーズ」は、大阪市立芸術創造館の芸術監督が立ち上げ、2007年から開く。賛同した西宮市が、2年前から実行委員会を設けて取り組む。主催者は「気軽に体験でき、講師の活動の場も広がってほしい」と期待する。

 狂言や能といった伝統芸能(6講座)、くす玉作りや刺しゅうなどのアート・クラフト(7講座)、ダンスや貝の絵合わせなどのキッズプログラム(4講座)、音楽(4講座)、身体表現・コミュニケーション(11講座)がある。対象年齢はそれぞれ異なり、材料費が必要な講座もある。

 詳細はワークショップフェスティバル・ドアーズのホームページ(http://www.iwf.jp)か市立図書館や公民館にあるパンフレットで紹介している。ホームページか電話で申し込む。西宮ドアーズ実行委員会TEL0798・39・1723(平日午前10時~午後5時、8月2~5日は休み)

(中川 恵)

     ◇

 西宮ドアーズ実行委員会は7月21日午後1時半~3時、阪神西宮駅すぐのエビスタ西宮1階でプレイベントを開く。西宮ドアーズに参加する講座のうち、5講座の講師がパフォーマンスを披露する。無料。

 参加講座は次の通り。

 ヲヒャーラ~♪能の笛に挑戦!▽手話で踊ろう!サインダンス(入門編)▽マジック入門&バルーンアート(くまモン)体験▽心も体も元気に!!親子で楽しむチアダンス☆▽誰でも歌える楽しいゴスペル

阪神の最新
もっと見る