阪神

  • 印刷
昨年の「芦屋サマーカーニバル」で打ち上げられた花火=芦屋市内
拡大
昨年の「芦屋サマーカーニバル」で打ち上げられた花火=芦屋市内

 夏の夜を彩る花火大会が、今年も兵庫県の阪神間各地で開かれる。今月27日に「芦屋サマーカーニバル」、8月17日に「猪名川花火大会」、同24日に「いたみ花火大会」と続く。同20日には昨年から始まった「宝塚サマーフェスタ」内の花火演出、同25日には、尼崎青年会議所が開く「尼盆祭」で打ち上げ花火が予定されている。(中川 恵)

■芦屋サマーカーニバル(27日)

 NPO法人芦屋市民まつり協議会が主催し、同市総合公園周辺で開かれる。花火は午後7時45分ごろから始まり、ジャズバンドと花火の競演など、趣向を凝らした約6千発が楽しめる。

 午後1時からの市民ステージには県立芦屋高校書道部やキッズチアダンス、灘高生による浴衣コンテストなどがある。100店を超える縁日も並ぶ。

 花火の観覧席当日券は、砂浜観覧席(千円)、一般観覧席(3千円)など。小学生以下は保護者同伴で無料。花火は雨天決行だが、午後4時時点の天候で判断する。同協議会TEL0797・35・0871

■猪名川花火大会(8月17日)

 兵庫県川西市と大阪府池田市の共催で、午後7時20分から約1時間、猪名川河川敷で約4千発の花火が夜空に輝く。全国各地の花火会社による創造花火も楽しめる。

 川西市側の観覧場所は、第1会場が猪名川をまたぐ阪急電鉄の南側、第2会場が猪名川大橋の北側。会場は阪急川西能勢口駅または池田駅から徒歩約10分。JR宝塚線川西池田駅からは徒歩約15分。

 荒天中止で順延はない。実施の可否は当日午後3時をめどに判断する。開催状況は自動音声サービス(TEL0180・991・816)へ。川西市文化・観光・スポーツ課TEL072・740・1161

■宝塚サマーフェスタ(8月20日)

 歴史ある「宝塚観光花火大会」が2016年から中止となり、花火を望む市民の声を受けて、末広中央公園で開かれるサマーフェスタの演出として、宝塚市と同市国際観光協会が午後7時50分ごろから約3分間、100発を打ち上げる。

 天候不良の場合はサマーフェスタと花火は翌日に順延。宝塚市観光企画課TEL0797・77・2012

■いたみ花火大会(8月24日)

 伊丹市や「いたみ花火大会実行委員会」が主催。午後7時半から約1時間、猪名川神津大橋南側河川敷で開かれる。約3500発が打ち上げられ、地域の名所をテーマにした花火があり、音楽と連動したワイドスターマインで締めくくる。

 会場はJR伊丹駅から南東へ徒歩約10分、阪急伊丹駅からは東へ徒歩約20分。荒天は中止で順延しない。当日の開催状況は自動音声サービス(TEL0180・99・3210)へ。伊丹市まちなかにぎわい課TEL072・784・8068

■尼盆祭(8月25日)

 尼崎青年会議所が創立60周年事業として、尼崎の森中央緑地(尼崎市扇町)で開く。キッズダンスやアップテンポな曲で踊る「盆ダンス」などがあり、フィナーレとして午後7時45分から15分間、約370発を上げる。尼崎青年会議所TEL06・6413・0136

阪神の最新
もっと見る

天気(11月21日)

  • 15℃
  • 8℃
  • 10%

  • 14℃
  • 7℃
  • 30%

  • 16℃
  • 7℃
  • 0%

  • 15℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ