阪神

  • 印刷
稲村和美市長(左)から感謝状を受け取った池田公治さん=尼崎市東七松町1
拡大
稲村和美市長(左)から感謝状を受け取った池田公治さん=尼崎市東七松町1

 全国各地の城を描いた兵庫県尼崎市出身の城郭画家、荻原一青氏(1908~75年)と共作した「百名城手ぬぐい」などを同市に寄贈した染色職人の池田公治さん(83)=堺市=に5日、稲村和美市長が感謝状を贈った。

 池田さんは布の上に染料を注いで着色する注染和晒職人。昭和40年代には荻原氏の絵を月1回のペースで染め上げた。「百名城手ぬぐい」は尼崎城や姫路城、明石城なども描かれ、荻原氏も入会していた「古城友の会」の会員らに販売していた。

 2016年、100城分の手ぬぐい全点や原画、型紙が池田さんの自宅で発見され、約300点を「荻原氏の生まれ故郷に」と尼崎市に寄贈した。

 「百名城手ぬぐい」は現在、再建された尼崎城(同市北城内)の4階で20枚前後を毎月入れ替えながら展示。贈呈式で稲村市長は「4階は来場者の滞留時間が長く、城の人気を支えている」と感謝した。

 池田さんは8年間に及ぶ手ぬぐいの製作を振り返り「大変だった。(荻原氏から)やり直しを命じられることも何回かあった」と苦笑しつつ、感謝状を受け取ると「この歳になってこんなにうれしいことがあるとは」と目を細めていた。(名倉あかり)

阪神の最新
もっと見る

天気(9月17日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ